読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

harukaのはなし

ついに大学3年生です

五行詩 その2

ちっぽけだ
小さいんだ
私の心は
どこにいくの
私の足は

光と影じゃない
影と光
影も主役である
この世界で
この世界で

どこに行くの
そんなに急いで
待ってはくれないよ
あの人もこの人も
そんな顔でみないで

馬鹿かもしれないけど
それでいいじゃない
きらめく光に
眩しいだけ
眩んでるだけ

眩しいあの子は
1人で泣いてる
誰もいない部屋で
誰かいる携帯もって
誰もいない電波のなかで

きらめくあの子は
誰にも言わないだけ
悲しみもなにもかも
見せないだけ
それだけ

遠くにいるあの子は
踏ん張ってる
人を観察するふりをして
電車のなかで
負けないように

働いている母は
誇りの匂い
太陽の匂い
働く匂い
母はお日様

働いている父は
ぷらぷらプライド
いつも隠して
ほんとは悲しい
ほんとに優しい

ここにいる私は
何してるんだろ
何してるんだろ
命は燃えてる
こうしてる間にも